1.15.2017

横板 〜仮終了〜

手前3つはアマティのクァルテット。
奥はストラディヴァリモデルのヴァイオリン。
横板の内側にライニングを接着し、一段落…。
ここから表裏板やネックへ移行できます。


横板とライニングで楽器のアウトラインが決まるので、しっかり高精度で仕上げます。